5分あればできちゃう! やみつきオクラなめたけ

シェアする

こんにちは!!

今日ついにデジタル一眼レフを買ってきました~♡←嬉しくて言いたくって仕方がない人。

お料理も、やっぱり見た目が大事じゃないですか。
おしゃれな写真撮れるようになったらいいなぁ。
まぁ、おしゃれかどうかはセンスの話になりそうですが・・。

・・・頑張ります。

板前だった頃、先輩と築地に行ったんです。

その先輩は刺場(カウンターでお刺身をひくポジション)だったんですね。
お刺身って特に、お皿の中で季節感を表現しなきゃならんのです。
食べて美味しいは当たり前。やっぱり女子的には見た瞬間にわぁ~美味しそう♡って言いたいじゃないですか。
板前的にも言わせたいんです。

そして築地で半分解散みたいな感じで、各々好きな物見たり買ったりしていたんです。
私はその時メモ帳持って、その季節の食材を片っ端からメモってました。
下っ端だったので、お漬物だとか、サラダだとか(築地は野菜も豊富です)で季節を感じてほしくって。
お客様に、あぁ、もうこんな季節なんだね。って感じてもらえたら嬉しいなと。

そんなこんなであらかたメモって、先輩探してたら先輩が向こうから歩いてきました。
手にはやっぱりメモ帳が。

・・・ん?メモ帳じゃない。写真集だ・・・。

え。なんで写真集持ってるんですか(この人大丈夫?って思ってました。すみません。)

『この風景をお客様に見せたいんだよ。刺身で。』

うわぁ。この感性持ってなかったー!!考えてもみなかったー。
秋の季節なら紅葉見せればいい。落ち葉飾ればいいと思っていた私。
そのストレートをやらずしてどう表現するか。
わかりやすい例だと和食では秋は吹き寄せって言って、色とりどりの食材を炊いたり焼いたり、まあ料理はそれぞれなんですが、
それを一か所に盛り付けます。バラバラに。
まるで落ち葉が風に吹かれて一か所に集まってきたみたいに。

それはもちろん紅葉とか使って飾ってもいいですし、お料理だけで表現する場合も。
口で説明しなくても、その風景をお客様に見せる。

なんて素敵なんだろう日本料理って。
大好きです!日本料理!

はい!!!脱線しすぎましたが、そんな素敵な先輩方の下で頑張っていたわけです。
カメラで私も表現したいな。季節を感じさせるような写真。
そしてお料理写真もいいクオリティで撮れるよう頑張りたい♪

ってなわけで、またご飯にかけちゃうシリーズ!!
なめたけ。です!!

なめたけって作れるって知ってました?
えのきたけを炊くとねばねばになるんです。すぐ作れます。
もちろん売ってるものとはちょっと違いますが、これはこれで好き。

そして売ってるものと同じ物作ってもしょうがないので、今日はオクラなめたけー♪

オクラのねばねばツブツブと、えのきのシャキシャキ感がとっても美味しい一品です。

すぐできますよー。

5分あればできちゃう! やみつきオクラなめたけ

IMG_5897

材料
 えのきたけ     1パック
 オクラ       6本くらい
 生姜        10グラム
調味料
 酒         大1
 味醂        小1と1/2
 醤油        大2
作り方

えのきは3~4等分にカットします。

IMG_8933
オクラは縦半分に渡して5㎜くらいで切っていきます。
生姜はみじん切りかな。

それでは鍋にえのき、おくらと酒を入れて火にかけます。

IMG_8851
焦げないように中火位。
だんだん水が出てきます。そして粘りも出てきます。

IMG_3854
水分が出てしんなりしてきたら、残りの調味料と生姜を入れ、お箸でぐるぐる混ぜながらぐつぐつ。
水分が少なくなってきたら味見して、美味しい!って思ったところで完成です♪

IMG_6549

すごい簡単ー。
思い立ったらすぐできる。

使い方は色々無限にありますよー。
冷蔵庫で5日位は持ちますので、是非常備菜作ってみてください♪

今日も最後までありがとうございました♪

↑帰りにクリックで応援していただけたら嬉しいです☆